2019/11/29(金) 妻 五度目の手術

未分類

妻の近況

前回の更新から約半年が経過しました。

妻は、しばらく平穏に過ごしていましたが、9月の内視鏡検査でまたしても 中咽頭がんが見つかったので、11月に手術しました。

9月に見つかったのに11月に手術。

2ヶ月あいたのは病院が混んでいたためのようです。まあ仕方ないですね。

 

手術の結果ですが、今回は、以前と異なり、割と広範囲にがんができており、再建舌の表面にも転移していたとのこと。

表面のがん細胞は手術の際にあらかたレーザーで焼いたそうなのですが、根治を目指すために、いまのうちに放射線治療を行おう、ということになりました。

放射線治療についてはぼくもあまり詳しくないのですが、専門の先生のお話によると、下記のような特徴があるようです

  • 同じ部位には一生に一回だけ (2回あてると副作用の悪影響が大きい)
  • 終末期のがんには効果がない。ある程度、転移するかなどうかなというがんに有効
  • あまり成長が早い・転移が早いがんにも効果がない。一生懸命あてても転移しちゃってるため
  • あてる部位が明確になっていないと、正常な細胞への悪影響がある
  • 一定期間、連続してあてないと効果がない

 

妻の残ったがんは、いまのところ目視ではあまりわからないレベルらしいので、12月まで待って、大きくなるか確認し、大きくなってたら放射線をあてようということになりました。

放射線になると気道確保が難しいため、のどのカニューレははめたまま退院、放射線の期間中はずっとカニューレとなるそうです。

なので、妻の母親や、自分、一生懸命ネブライザー(霧吹き)や、吸引器の操作方法を覚えました。

一日数回 たんを取ってやり、毎日消毒する、ということみたいです。

まあ、なれてくれば問題なかろう。。。

 

 

 

 

今後の流れ

妻は来週あたり退院、その後は当面実家暮らしとなる見込みです。

ブログは、また落ち着いたところで、更新します。(12月かな)

コメント