珍しく?外に出たがらないぴーたん

ぴーたん おーち

ぴーたん小鳥は先週まで羽がどんどん生え変わる換羽期にあたっていたようで、一番長い尾羽くすりも1枚抜け 全体的に少し小ぶりな鳥になりました。
しかし体重は、78gと3gも増加しているので 全体的にみるとこれから新しい羽がどんどん伸びてきつつあるということのようです。

そんなぴーたん小鳥ですが 本日もぴーたん小鳥と遊ぼうと ぴーままがかごのふたを開けたところ なんと!いつもは真っ先にかごの外に差し伸べられたぴーまま犬(笑)の手に飛び乗ってくるぴーたん小鳥が 今日はかごの反対側にはりついたまま「ぴゃー、ぴゃー小鳥」とただ啼いているではありませんか。
ぴーたん小鳥が外に出たがらないなんて。。。
ぴーママ犬(泣)も「出たくないときもきっとあるよ。いつもぴーたんが外に出たいと思っているというのは私たちのエゴかも」と妙にわかったようなコメントバッド(下向き矢印)。しかし、私にはわかります。ぴーたん小鳥が、日々どんなにぴーママ犬(笑)と遊べるひとときを心待ちにしているかを。

ぴーたん小鳥は絶対出て遊びたいはず。ただ今は少し換羽期あけで気が立っているだけなのだろうと思い、根気よく呼びかけたところ、5分くらいしてかごの外に出てきてくれました。

 

DCF_0075.jpg
そのあとはいきなり30秒くらい飛び回った後、降りてきてくれましたが、いつもと違いなでなでされる様子もなく、啼きながら一気に毛づくろいしています。
これはいよいよぴーたん小鳥も成熟してきて、若さゆえのいらつきという時期になってきたということかな?
DCF_0079.jpg


そんなわけで、ぴーたん小鳥の体重だけ量り、あとは好きにさせてかごの掃除などしていましたが、最終的にはぴーたん小鳥も落ち着いてきて、いつものようにぴーまま犬(笑)になでなでHelloされていました。
DCF_0080.jpg

来週はぴーたん小鳥2歳の誕生日。

去年の今頃は、大怪我してどうなることかと思いましたが、くちばしも力弱いながらも殻つきえさを無事に剥けるくらいには回復しましたし、無事にここまで生きてこられてほんとうによかったです。顔(泣)

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました