2012/9/15(土) 夏の帰省3・鹿児島

妻との日常

前回までのあらすじ:
お盆帰省の大渋滞に飲み込まれた私たちは、鹿児島行きの飛行機に乗り遅れたため、福岡空港まで別の飛行機で移動し、博多で一泊。
翌朝、始発の新幹線で博多から鹿児島に向かいました。

今回の帰省の一番の目的である、初盆法事は昼の12時から。
博多を始発の新幹線で出れば、川内駅に8時前に到着するので、本来的には十分間に合うはずなのですが、今回は下記の行程を取ったため、12時の法事に間に合うかどうかという、結構ぎりぎりのスケジュールでありました。

  • 一旦鹿児島中央駅まで行く
  • そこからバスで鹿児島空港に向かう
  • 空港近くのレンタカー屋で、昨日借りるはずだったレンタカーを借りる
  • その車で実家に帰る

かんつま!093 「初盆」

f:id:fira_ultramarine:20120915184951p:image

いや~、飛行機乗り遅れた時は、一体全体 どうなることかと思いましたが、無事に帰省できてよかったです。

妻と、姉の子供達とは八年ぶりの再会。
子供達は当然、妻が がんになる前の姿しか知らないですし、舌摘出した人 特有の発音に戸惑うのではないかと少し心配していましたが、全然そんな事はなく、あっという間に打ち解けてくれました
中には聞き取りづらい音もあったと思いますが、傍目から見ると 普通に意思の疎通もできていたようでした。

あと余談ですが、先日父が買った補聴器の調子もなかなか良さそうで、テレビも爆音ではなく普通の音量となっていました。
個人的には、声を張り上げることなく、普通の声量で父と会話できるようになっていたのには感動しました。*1


かんつま!094 「霧島アートの森」

f:id:fira_ultramarine:20120915184949p:image

高原にある野外美術館、という事で、独創的な彫刻がたくさん置かれていました。
一回りするだけで結構な運動にもなり、良かったと思いました。


おまけ・霧島 & 帰りの飛行機の写真

ここからは霧島アートの森の風景と、帰りの飛行機から撮った空の写真です。

f:id:fira_ultramarine:20120915191609p:image
妻「いや~空って、飽きないよねぇ。それにしても飛行機の翼って可愛い。」


妻からひと言

いや~荷物持ってあちこち移動するの 疲れたよ~。
でも、珍しい経験がいろいろできてよかった。

お父さんも、四十九日の頃は、色々お疲れのようだったけど、初盆過ぎたせいか、少し落ち着いてくれてて、良かったよね。

との事であります。

帰省編はこれにて終了です。ではでは!

*1:補聴器は、40万円くらいの機種です。

0

コメント